未然に防ぐ

medication

感染したという自覚症状がなく、パートナーへ感染させてしまうこともありえるクラミジア。しかし、そんなことはしたくはありませんよね。
事前に対策を行うことによって、クラミジアなど性感染症に感染するリスクを減らすことができるのです。
クラミジアに感染しないようにするためには、セックス時にコンドームなど避妊具を使用することが大切です。これはクラミジアに限らず、他の性感染症でも同じです。コンドームの着用によって、避妊だけでなく感染症の予防ができるのです。
ですが、コンドームには使用期限というものがありますので、期限が切れたものを着用するなどしないように注意しましょう。

また、一度感染した人も、もう感染しないと油断することなく予防に気を付けましょう。
クラミジアは、一度完治したからといって、二度と感染しないものではありません。そのため、常に予防することが大切なのです。
パートナーが感染していたら再び病原菌をもらってしまって感染してしまう可能性があります。このように、限定したパートナー間で感染してしまう状況を「ピンポン感染」といいます。
自分がもしクラミジアなど性感染症にかかってしまったとなれば、自分と合わせてパートナーにも検査を受けることをすすめることが大事でしょう。
また、性感染症に感染するとHIVに感染する可能性も高くなります。自覚症状があまりない感染症でありますので、少しの違和感であっても医療機関に相談し早期発見して治療を行うことが大切です。