抗菌剤で病原菌を撃退

usage

クラミジアに感染したからといって大それた手術などはありません。治療薬を服用していき体内にいる病原菌をなくしていきます。その際の治療薬として「クラビット」というものがあります。
一般名は「レボフロキサシン」なのですが、熱望する・待ち望むという意味の熟語である「CRAV IT」から、待ち望まれた薬として「クラビット」と名づけられました。
クラビットは、幅広い感染症に有効な抗菌薬です。クラミジアをはじめ、性感染症や気管支炎といった呼吸器感染症、さらに中耳炎や副鼻腔感染症などに幅広く処方されている治療薬なのです。
クラビットは体内の各組織に移行しやすい性質を持っているので、多くの細菌の感染症に効率よく治療を行える薬ともいわれています。
もちろん、体内にクラビットが残るということはなく、尿とともに排出されていきます。

これまではクラビット100mgを1日3回服用するという方法が主流であったそうです。しかしクラビットは、どれだけ薬の濃度が高いかによって効果が違ってきます。
有効成分量が多くなるほど、クラビットが持つ殺菌作用が高くなるため、現在では500㎎錠を1日1回服用する方法がとられているそうです。
有効成分の少ないのものを服用し続けていると「薬剤耐性菌」が出現してしまいます。そのため、有効成分量が多いものを服用するために初回の服用で病原菌に大きな一撃を食らわせて一気に全滅させる方法が取られるようになってきているのです。
このようにクラビットは、1回の服用で大きな効果を出してクラミジアを改善させることができるため、クラミジア治療の代表的な薬になっています。